ドクター

もう迷わない女性の尿漏れ|早めの治療で快適な生活を送ろう

症状のタイプと治療法

診断

クシャミをした時に尿が少し漏れてしまったり、急な尿意に襲われてトイレに向かったけれども間に合わずに漏らしてしまったりという経験をしたことがあるという女性は珍しくありません。こうした尿漏れの悩みは、今や中高年女性に限らず、20~30代の若い女性にとっても珍しくないものになってきました。尿漏れはデリケートな問題なので、治したいと思っていてもなかなか治療に踏み切れないという女性は少なくありません。ですが、尿漏れは放っておいても自然に治るものではないので、さっさと治してしまうのが一番です。一言で尿漏れといっても、いつくかのタイプに分かれます。まず、一番多いのが腹圧性タイプです。クシャミや咳をしたり重いものを持ったりした時に、お腹に圧力がかかることにより尿がもれてしまうのです。このタイプは、骨盤底筋という内蔵を支えている筋肉が弱ることで起きてしまいます。なので、骨盤底筋を鍛えれば尿漏れを治すことができるのです。もう一は、切迫性タイプです。尿意を感じてトイレに向かったけれども間に合わなかったという人は、このタイプになります。これの原因は、膀胱や尿道の働きに問題がある場合が多いようです。それを治すためには薬や手術といった治療をしなければなりません。病院に行くのは恥ずかしいかもしれませんが、尿漏れを治療することは日常生活を快適に過ごすためには重要なことです。まずは婦人科などで相談してみるといいでしょう。

症状の段階

ドクター

梅毒はかつて「不治の病」といわれていたほど恐ろしい病気です。いまでは医療の発達で完治できるようになりましたが、それでも恐ろしい病気であることに変わりはありません。

もっと詳しく

専門治療を受ける

医者

尿漏れの治療を行なう際どこの診療科に行けばいいのか分からない、という人は少なくないと思います。新宿の泌尿器科であれば尿漏れの専門的な治療が受けられるので、早期の完治につながります。

もっと詳しく

検査方法

カルテ

梅毒の検査はカップルに限らず妊娠中の女性にもぜひ受けてほしい検査です。梅毒に感染すると他の病気にもかかりやすくなってしまうので、早めに検査して治療するようにしましょう。

もっと詳しく